膝関節

膝関節の再生医療は保険適用?保険適用のものと適用外のものを解説

膝関節の再生医療は保険適用?保険適用のものと適用外のものを解説

近年、実際の医療現場でも普及してきている「再生医療」ですが、具体的にどのような治療で、どのような種類があるのでしょうか。また、費用はどのくらいかかるのでしょうか。

本記事では、膝関節の再生医療についてご紹介します。保険適用とそうでないものをご紹介し、それぞれの具体的な治療法も解説します。

再生医療とは

再生医療は「手術をすることなく、痛みなどの症状を改善させる」最新治療のことです。損傷してしまった組織や機能を、患者様自身の細胞によって修復することが期待できます。

「自分自身の細胞によって修復」というと少しわかりにくいかもしれませんが、「すり傷が、放っておいても数日たつと治ってくる」という経験は誰にでもあるでしょう。再生医療とは、そのシステムを体の内部で起こすために働きかけるイメージです。

再生医療の保険適用について

最新治療である再生医療は、安全性が確立され、効果が立証されてはいるものの、保険診療として認められるほどの臨床データが揃っていません。そのため、現時点ではほとんどの疾患に対する再生医療は自費での診療となります。

しかし、特定の条件を満たした一部の疾患においては、数年前から保険の適用が認められています。ここでは、保険適用の再生医療と保険適用外の再生医療をそれぞれ解説します。

保険適用の再生医療

患者様から採取した膝軟骨の一部を、コラーゲンが入ったゲル状の物質の中で約1か月間培養して「ジャック」と呼ばれる自家培養軟骨を作り、欠損した膝軟骨に移植するという再生医療の治療法が、2013年の4月から保険適用になりました​​。対象となる疾患は、スポーツや事故などによる「外傷性の軟骨欠損症」「離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)」です。

保険適用外の再生医療

一方、同じ膝軟骨の疾患である「変形性膝関節症」などに対する再生医療は、未だ保険適用が認められていません。

変形性膝関節症に対する再生医療には、患者様本人の脂肪を採取し、そこから培養した幹細胞を関節内に投与するという「幹細胞治療」と、脂肪ではなく血液を採取する治療があります。血液を採取する場合は、採取した血液を加工してPRP(多血小板血漿)を抽出し、関節に注射するという「PRP療法」のほか、PRPをさらに高濃度にしたPRP-FDを関節内や靭帯などに投与する「PRP-FD療法」PRPから関節の健康に関わる成分だけを取り出して注射する「APS療法」などがあります。

血漿や血小板には組織の修復を促進する成分が含まれており、特に血小板に含まれる成長因子は、人が本来持っている自然治癒力を促進するといわれている重要な成分です。​​その成分を患部に注射することで、自然治癒を促します。

再生医療の料金について

上記の再生医療を受ける費用の目安としては、幹細胞治療が100万円前後、PRP治療は3万円〜、PRP-FD療法やAPS療法は30万円前後というのが一般的な価格帯です。医療機関によってさまざまですので、取り扱いのある医療機関に問い合わせてみることを推奨します

変形性膝関節症における治療法

変形性関節症は、関節の軟骨が劣化したりすり減ったりして関節に痛みや腫れが生じる疾患です。膝や股関節、肘、肩などに起こり、中年以降の女性の発症リスクが高いと言われています。加齢のほか、遺伝、肥満、事故などによる関節の損傷などが原因です。

変形性関節症のなかでも「変形性膝関節症」は、正座や和式トイレなど、膝を大きく曲げ伸ばしする生活様式で膝関節に大きな負担をかけてしまっている日本人には特に多い疾患です。ここでは、変形性膝関節症に対する3つの代表的な治療法について解説します。

保存療法

症状の初期には、まず保存療法からスタートするのが一般的です。ヒアルロン酸の関節注射や鎮痛剤の内服などで痛みを和らげたり、装具やリハビリなどで関節の変形や筋力低下の進行を抑えたりします。保存療法は、変形性膝関節症の根本的な治癒を促す治療法ではなく、症状を緩和したり、進行を抑えたりするものです。

手術

関節の変形が著しかったり、保存療法では症状を抑えきれず生活動作に支障が出てしまったりする場合には、手術療法が検討されます。

膝の皮膚を切開して、関節の傷んで変形した部分を削るなどして取り除き、人工の関節に置き換える「人工膝関節置換術」という手術が一般的です。

手術のためには入院が必要で、術後も抜糸や経過観察、リハビリなどのため、延べ3週間程度の入院が必要です。

また、人工膝関節置換術では、あらかじめ形作られた人工関節を使用します。そのため、大きさなどはいくつかの種類があるものの、患者様に合わせて関節の形を変えるなどはできません。

再生療法

これらの治療のデメリットを解決できると期待されるのが、再生医療です。

先述のように、再生医療とは、自分自身の組織を取り出して、症状にあった処置をした後、患者様の体内に戻す、というものです。

取り出す組織は主に脂肪細胞もしくは血液です。

再生医療のメリットについて

再生医療には多くのメリットがあります。特に大きなメリットとして、以下の3つが挙げられます。

  • 手術の必要がない
  • 副作用の可能性が低い
  • 日常生活の制限が少ない

手術を行う必要性がない

血液や脂肪組織を採取や、再生された組織の注入には、手術とは違い、麻酔をして患部を切開する必要がありません。持病などで手術を受けられない方や、高齢で手術のリスクが高い方などにも対応できる治療法です。

副作用が起こる可能性が低い

自分の組織ではないものが体内に入ってきた場合、たとえそれが治療薬などであっても「外部から敵が侵入してきた」と認識してしまい、身体が攻撃してしまうことがあります。これが拒絶反応やアレルギー反応と言われる副作用です。

再生医療の場合は自分自身の細胞を使うので、そのような反応が起こりにくいという大きなメリットがあります

日常生活の制限が少ない

診察や検査から血液の採取、再生された組織の注入まで、すべての治療が外来診療で可能なため、入院の必要がありません。注入も通常の関節内注射なので、麻酔なども不要です。基本的には常用しているお薬も飲み続けられますので、普段通りに近い生活をしながらの治療が可能で、仕事や家庭の事情などで入院治療が困難な方でも安心して受けることができます。

まとめ

本記事では、膝関節の再生医療と保険適用について、具体的な治療法をご紹介しながら解説しました。

正座や和式トイレなど、膝を大きく曲げ伸ばしする日本のかつての生活様式は、膝関節に大きな負担をかけています。変形性膝関節症は、自然治癒しない疾患のため、治療が必須となります。膝関節の痛みに悩んでいる方などは、治療方法を選択する際の参考にしてみてください。

膝関節の再生医療|PRP-FD療法と効果【メリット・デメリット】

また、エフェメールホームクリニックでは、電話による無料相談を受け付けています。「変形性膝関節症に悩まされている」「手術は難しいが、最先端医療で症状を緩和させたい」このような方は、お気軽にご相談ください。