膝関節

膝関節の再生医療にかかる費用は?再生医療の種類から料金まで詳しく解説

膝関節の再生医療にかかる費用は?再生医療の種類から料金まで詳しく解説

社会が高齢化していくなか、年齢とともに関節の痛みを訴える人が増えています。正座や和式トイレの使用など、膝を大きく曲げる動作の多い生活をしてきた日本人は、膝関節に負担がかかり軟骨などがすり減っていくケースが多いと言われています。

このような関節の加齢変化のひとつに「変形性膝関節症」があります。

変形性膝関節症は膝関節にある軟骨が劣化したり、すり減ったりして関節に痛みや腫れが生じる疾患です。主な原因は加齢のほか、肥満や、事故などによる関節の損傷です。一度かかると自然治癒では完治しません。

本記事では、そのような「変形性膝関節症」の再生医療について解説していきます。

膝関節の再生医療とは

再生医療は「手術することなく痛みを改善させる」最新治療です。損傷してしまった組織や機能を、患者さん自身の細胞によって修復することが期待できます。

「自分自身の細胞によって修復」というと少しわかりにくいかもしれませんが、「すり傷が数日たつと治ってくる」という経験は誰にでもあるかと思います。再生医療とは、そのシステムを体の内部で起こすために働きかけるイメージに近いでしょう。

 

膝関節の再生医療のメリット

最新治療ともいえる再生医療ですが、まずは基本的なメリットを紹介します。

軟骨破壊の抑制を期待できる

変形性膝関節症における従来の治療としては手術療法や保存療法があります。一般的な保存療法であるヒアルロン酸注射や装具療法、リハビリなどはあくまでも「進行を遅らせる」「痛みを和らげる」のが目的であり、関節そのものを治癒に導くものではありません。

再生医療は、関節軟骨の破壊を抑制し、再生に導くことを目的とした治療ですので、関節破壊の抑制、修復が期待できます。

副作用が少ない

自分の組織ではないものが体内に入ってきた場合、それがたとえお薬などであっても身体が「外部から敵が侵入してきた」と認識してしまい、それを排除するべく攻撃してしまうことがあります。これが拒絶反応やアレルギー反応と呼ばれるものです。

再生医療の場合は自分自身の細胞を培養したものを注入します。もともと自分の組織から抽出したものを使うので、そういった拒絶反応が起こりにくいことが大きなメリットとして挙げられます。

入院をする必要がない

変形性膝関節症の一般的な手術療法である人工膝関節置換術などの場合、手術のために入院する必要があります。そしてもちろん、手術後すぐに退院できるというわけではなく、術後の経過が順調に進んだとしても2〜3週間は入院するのが一般的です。

再生医療の場合は、外来診療で診察や検査をし、治療が可能と判断された場合にも外来のままで採血(治療法によっては脂肪を採取)を行います。その後、関節内に注射するという流れになりますので、入院の必要がありません。

膝関節の再生医療のデメリット

再生医療にはさまざまなメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

再生医療を受けるにあたって、以下のような注意点もあります。

治療効果に個人差がある

保存療法であるヒアルロン酸注射や手術療法などでも同じことが言えますが、治療効果には個人差がみられます。膝関節の再生医療のひとつであるPRP治療では、約80%の方に効果がありますが、肥満の人や、かなり重症化した変形性膝関節症の方にはやや効果が出にくいというデータがあります。

また、注入してから治療効果が出るまでの期間もさまざまで、個人差が大きくなっています。

 

膝関節の再生医療の種類

ここまで、再生医療全般の概要について解説しました。

では、膝関節の再生医療にはどのような種類があるのでしょうか。代表的なものを解説します。

幹細胞治療

患者さん本人の脂肪を採取し、その脂肪から培養した幹細胞を関節内に投与するという治療法です。

幹細胞は、分裂して自分と同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力をもっています。特に脂肪から採取した脂肪由来幹細胞は軟骨にも分化できるので、変形性膝関節症の方の傷ついた関節軟骨を再生に効果的です。

また、脂肪由来幹細胞は炎症を抑える物質を作ると言われており、関節の炎症を防いで症状の悪化を抑制する効果も期待できます。

PRP治療

PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)とは、自己血を遠心分離した後の“血小板”を多く含む“血漿”層のことです。PRP療法は患者さんの血液を採取し、それを加工してPRPを抽出し、関節に注射するという治療法です。

 

血漿や血小板には組織の修復を促進する成分が含まれています。中でも血小板には、出血を止めるという主な作用があるほか、さまざまな成長因子が含まれています。これらの成長因子の役割により、その人が本来持っている自然治癒力を促進できるのです。

 PRP療法はその人自身の持つ自然治癒力をサポートするととともに、損傷部位の修復や疼痛の改善に効果を発揮します。

 

PRP治療にもいくつかのバリエーションがあり、専用のAPSキットを用いてPRPから抗炎症成分などを取り出して注入するAPS(Autologous Protein Solution:自己たんぱく質溶液)療法や、血小板が濃縮されたPRPをさらに高濃度にし、傷の修復に働く成長因子が一般的なPRP療法の2倍以上含まれているPRP-FDを注入するPRP-FD療法などが注目されています。

 

再生医療の費用について

最新治療である再生医療は、安全性が確立され、効果は立証されているものの、保険診療として認められるほどの臨床データが揃っていません。そのため、現時点では自費診療となります。

費用の目安としては幹細胞治療が100万円前後、PRP治療は3万円〜、PRP-FD療法やAPS療法は30万円前後というのが一般的な価格帯です。医療機関によって様々ですので、取り扱いのある医療機関に問い合わせてみることをお勧めします。

 

まとめ

膝関節の再生医療について、メリットや注意点、特に注目されている治療法の種類や費用について解説しました。

入院の必要がなく、かつ副作用も少ない上に、破壊された軟骨をより良い方向に修復されることが期待される再生医療は、多くの変形性膝関節症の方に効果が期待できる最新治療です。

従来の保存療法で効果が感じられなかった方や、手術を勧められたが迷っている方はぜひ一度、膝関節の再生医療を検討されてみてはいかがでしょうか。

膝関節の再生医療|PRP-FD療法と効果【メリット・デメリット】

また、エフェメールホームクリニックでは、電話による無料相談を受け付けています。「変形性膝関節症に悩まされている」「手術は難しいが、最先端医療で症状を緩和させたい」このような方は、お気軽にご相談ください。