脳梗塞

【利用者様の声】脊椎管狭窄症の疑いのあった患者様へのインタビュー

【利用者様の声】脊椎管狭窄症の疑いのあった患者様へのインタビュー

慢性的な足や腰の痛み、寝つきの悪さに悩まされている方は多いでしょう。エフェメールホームクリニックの患者様の中にも、このような症状に悩まされ、当院を受診された患者様が多くいます。

重大な疾患が原因で、足や腰の痛みや寝付きの悪さが起こっているケースは非常に多いです。逆に、これらの症状から重大な疾患に発展したりすることも多くあります。

本記事では、実際に足や腰の痛みや寝つきの悪さに悩まされて、エフェメールホームクリニックを受診している患者様の声を紹介します。また、これらの症状から考えられる疾患と対処法についても解説しています。

足や腰の痛みや寝つきの悪さに悩んでいる方や、そのご家族は、ぜひ本記事を参考にしてください。

利用者様の声

ここからは、エフェメールホームクリニックを受診されている患者様の声を紹介します。エフェメールホームクリニックの受診を検討されている方は、ぜひ実際の患者様の声を参考にしてください。

エフェメールホームクリニックで在宅医療を受ける、具体的なきっかけとなった症状を教えてください。

私は、慢性的な腰や足の痛みに悩まされていました。その上、胃の調子も悪かったため、思うように服薬できず、思うように症状が改善しませんでした。そのため、通院したとしても症状が改善することなく、毎日の生活が憂鬱になっていたことを覚えています。また、足の痛みがあったため、通院することも辛かったです。

腰や足の痛みと胃の調子の悪さで、夜にゆっくり眠れない日々が続き、不眠症も併発してしまいました。あのまま、エフェメールホームクリニックの在宅医療を受けなければ、寝不足の日々が続いて、もっと毎日が辛くなっていたと思います。

エフェメールホームクリニックでの、介入前と介入後で症状にはどのような変化が起きたでしょうか。

腰や足の症状はもちろんのこと、胃の調子も改善されました。これらの症状が改善されるとともに、どんどん寝つきも良くなって、少しずつ夜も眠れるようになっています。ここまで、すべての症状が改善されるとは思っていなかったので、驚いています。

エフェメールホームクリニックでは、症状に合わせて適切なお薬を出してくれるため、日に日に改善していきました。そのため、少しずつ毎日の生活が楽になるとともに、楽しくなっています。

症状の変化とは別に、介入前と介入後で起きた気持ちの面で変化は生まれたでしょうか。

エフェメールホームクリニックの在宅医療を受ける前は、症状で体がだるく、毎日が憂鬱でした。また、症状が改善する兆しも見えなかったので、不安しかありませんでした。在宅医療を受けてからは、体が楽になったので、気持ちがとても楽になっています。エフェメールホームクリニックの在宅医療を受けてから、笑顔になることも増えました。

寝つきの悪さは、まだ完全には改善されていないものの、少しずつぐっすり寝られるようになってきています。これからもエフェメールホームクリニックの在宅医療を受けることで、改善されていくのだろうと思うと、日々の治療が楽しみです。

ご家族様は、介入前後で気持ちの変化は生まれているでしょうか。

通常の病院に通院していたときは、なんとなくお医者さんが冷たく感じるときもありました。また、通院するのも体の負担になるため、見ている側としても辛かったです。

エフェメールホームクリニックで家まで来てくれる先生は、とても優しく、安心して診てもらえます。通院の負担もないため、家族目線で受診する際も安心です。娘や主人一同、本当にエフェメールホームクリニックの先生に、診てもらって良かったと思っています。

在宅診療を受け始めて、良かったと感じることはありますか。

在宅医療を受け始めてから、通院する負担が減ったので、先生に診てもらうことに対する抵抗がなくなりました。そのため、定期的に先生に診てもらえ、体調が良くなっていくことを実感できます。それに、エフェメールホームクリニックの先生は、適切な薬を出してくれている感じがします。

在宅医療を受け始めてから、体調がみるみる改善していくことが、実感できました。在宅医療を受けて本当に良かったと思います。

今後、在宅医療を通して実現したい目標や夢はありますか。

エフェメールホームクリニックの先生のおかげで、腰や足の痛みがとても改善されました。少しずつですが、歩く頻度が増えて、活動的な生活ができるようになっています。

痛みが改善されたので、家の片付けや整理整頓など、ずっと家族に任せきりだったことができるようになりました。そのため、家族に任せていたことを、少しずつ自分でも積極的にしていきたいと思っています。また、これからはもっと外を歩いて、毎日を元気に送りたいです。

そしてこれからも、健康に、長生きできるように治療を頑張りたいです。

それぞれの症状による考えられる疾患と対処法

ここからは、今回の患者様の症状から考えられる疾患やその対処法について解説します。似たような症状がある場合は、ぜひ参考にした上で、医師にご相談ください。

腰や足の痛み

腰や足の痛みは、高齢者の方には非常に多い症状であるものの、つい放置している方も多いのではないでしょうか。

腰や足の痛みがある方は、下記の疾患である可能性が考えられます。

  • 脊椎管狭窄症
  • 糖尿病

脊椎管狭窄症は脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることによって、腰から下に痺れや痛みが生じる疾患です。脊柱管が狭くなる原因は、加齢によるものであるため、高齢者の方によく見られます。

また、糖尿病の神経障害によって腰や足の痛みが起こります。神経障害の初期症状のひとつであり、いち早く対処を行うことが、悪化を防ぐために大切です。

このように、単純な腰や足の痛みや痺れの裏には、重大な疾患が隠れていることがあります。これらの疾患は、自然治癒で治ることはありません。そのため、医師から適切な治療を受ける必要があります。

慢性的に腰や足が痛みがある場合は、必ず専門医を受診しましょう。

寝つきが悪い

寝つきが悪い場合は、不眠症を発症している可能性が考えられます。不眠症は、主に精神的なストレスにより発症することが多く、不眠症が続くと鬱に発展する恐れがあります。そのため、発症してから早期に適切な対処をすることが大切です。個人でできる対処法としては、下記の3つが挙げられます。

  • 日中に日光を浴びてセロトニンを分泌させる
  • 夜はリラックスする時間を設ける
  • 入浴を行う

このように、日中は日光を浴びて、夜にかけてリラックスすることが大切です。また、寝付けないからといって、安易に睡眠薬を用いたり、寝付くためにお酒を飲んだりしてはいけません。

先述した通り、不眠症は鬱に発展する恐れがある上に、不眠症の裏に寝つけない日々が続くなと感じた場合は、必ず専門医を受診しましょう。

まずは専門医に相談しましょう

本記事では、実際にエフェメールホームクリニックの在宅医療を受診している患者様のお声を紹介しました。また、紹介したお客様が抱えている症状から、考えられる疾患についても解説しました。

腰や足の痛みや寝つきが悪いなどの症状は、日常的に起こっていてもついつい放置しがちです。放置した結果、先述したような脊椎管狭窄症や糖尿病、鬱などの疾患が悪化することもあります。このような症状が見られた場合は、すぐに専門医に相談し、適切な対処を行うことが大切です。

エフェメールホームクリニックでは、様々な症状に対して、最新技術を用いた在宅医療で適切な対処をいたします。気になる症状が出ている方はもちろんのこと、現在通院をしているものの、症状の改善が見られない方もご気軽にご相談ください。無料の電話相談を受け付けておりますので、改善したい症状がある方は、お電話にてお問い合わせください。